再婚する

離婚をしても、再婚をして幸せになる人は多いです。バツイチだろうがバツニだろうが、そんなことは関係ありません。自分に合った人と出会うまで、再婚をしても、最後に良い結婚をできればいいのです。

 

しかし、現実にはいろいろな障害あるでしょう。まず、子供がいると経済的に、しっかり養育費をもらわないと大変なことになります。必ず養育費は子供がちゃんと食事はもちろん、衣服も与えられて、そしてしっかりした教育を受けられて幸せになる権利も持っています。男性の場合は、自分が再婚をして、もし出費が増えて苦しくなっても、養育費は払い続けなければなりません。

 

しかし養育費をもらっても、子連れの再婚というのは多くの場合障害になります。新しいパパやママに子供がなつくかはわかりません。シングルマザーとシングルファーザーが結婚をする場合だって同じです。子供にすれば、これまで自分にとっては親というのは生まれて元だとわかりますが、新しい父親や母親というのは、子供にすれば赤の他人です。子供に納得してもらってから、結婚をするように心がけましょう。

 

また、離婚をする時に、既に次の結婚相手がいる場合もあります。それはそれでめでたいことですが、1つだけ注意することがあります。それは女性には再婚禁止期間があります。この期間が長過ぎると、短くする動きがありますが、少なくとも、男性のように、極端な場合は離婚をしたら、翌日、いやその日にも再婚ができますが、妊娠ができる女性の場合はどうしても再婚禁止期間があります。

 

というような障害がいくつかある再婚ですが、それは決して再婚をするなというわけではありません。離婚をしたら、シングルになったら独身男性や独身女性が恋愛をしたり、婚活をしたりするのと同じように、どんどん恋愛をしたり、婚活をして相手を探したりしてください。あるいは古典的なお見合いをしたっていいのです。

 

どうやって新しい伴侶を見つけようと、自分が納得してする再婚ならば、それに文句を言う人があるいはあるかもしれませんが、あなたの人生ですから、あなたが選んだ再婚ならば、責任も自分で取らなければならないですが、幸せになるのもあなた自身です。どうぞ、いい再婚をしてください。