再婚することを望んでいるのなら、いくつか障害があっても乗り越える知恵と勇気を持ちましょう。結婚して暖かい夫婦関係を築いていく人生は、離婚して一人で生きていくよりも実りが多くなるでしょう。

子供がいると楽しみも多いですが、反面再婚をしようとしても、シングルマザーやシングルファーザーが恋愛することに、子供が障害になることも多いです。乳飲み子なら騙すのは簡単ですが、小学校に入れば自我も発達しますし、ティーンエージャーになれば元々夫婦が揃っていても難しい時期です。

しかし子供がいるからといって、再婚を諦めたり、逆に安易に再婚をすることはお勧めしません。片親で子育てをすることは、経済的にも精神的にも肉体的にも不利になります。特に精神的に追い込まれると、何をするにも余裕がなくなり、時には子供にあたってストレスクを解消するようなこともあります。せっかくの離婚を糧にして、幸せな結婚をするように、このサイトも少しでも助けになれば幸いです。

再婚を考えているならば、まず相手が必要ですから、どう出会いを作るかを考えましょう。シングルマザーやシングルファーザーがよい相手と出会うための婚活パーティーも多いの活用してみてもよいのではないでしょうか。パーティーに限らず、婚活イベントはいろいろ企画されていますから、再婚自体はあせらずにするとしても、婚活のスタートは早いに越したことはありません。

ただし、出会い系サイトの中にはサクラが多くいたりする悪質な業者もいますから、選ぶ時には慎重になりましょう。その点で、多くの自治体が主催した婚活イベントなら安心して参加することができましょう。

また、離婚でDVなどで醜い別れ方をした場合は、それがトラウマになっている場合には、やはり心も身体と同様に立ち直るのには時間が必要です。友達でもカウンセリングでもいいから、自分の全てを話せる相手と自分を癒すことが大切だと思います。

再婚すると出てくるのが、また子供関係の問題です。ひとつは、養育費を再婚するとどうなるのかということです。再婚したら、新しい夫がいるから養育費は必要ないのではと考えますか?少なくとも減額ができるのでしょうか?

また再婚で養子縁組をするかどうかという問題があります。養子縁組をせず子供の名字のみを変更する場合、普通養子縁組をする、特別養子縁組をするという選択肢があります。これについても、このサイトで説明をさせてもらいます。

再婚はできたらしたほうがいいと考えています。生涯独身という方もいらっしゃいますが、多くの方が結婚をして、子供を育てることを選択するのはよいことだと思います。あなたも再婚をして、幸せになってください。


カテゴリー

恋愛
離婚したからといって、もう恋愛をしたくないと言う方がいます。子供がいなければもちろんですが、シングルファーザーやシングルマザーでも、恋愛はできます。ただ、子供がいると考えることはあります。
婚活
再婚を目指して婚活をすることをお勧めします。初婚の人ばかりとか、若い人ばかりと思うかもしれませんが、再婚でも婚活は十分に使えます。出会いがなければ、再婚もありませんから、積極的に婚活をされることをお勧めします。
子連れ
子供がいると、楽しみも多いですが、反面苦労も多いのも事実です。そして再婚に子供が反対したら、あなたは再婚をあきらめますか?
養育費
離婚すると養育費がかなり問題になりますが、それが再婚をすると、もう払わなくていいのではと思いますか?少なくとも、減額は要求できないのでしょうか。
結婚式
初婚の時は、多くの方が結婚式をあげますが、再婚の時にも結婚式をあげるのでしょうか?特に、双方が再婚の時には、いらないのじゃあないか?とも言われます。
トラウマ
再婚を妨げるものに、トラウマがあります。離婚は誰しも傷つくかもしれませんが、DVなどでトラウマまでになってしまうと、再婚に踏み切る勇気が出てこないかもしれません。
再婚禁止について
女性には再婚禁止期間がありますが、その期間が長すぎるとか問題が出ています。最高裁の判例では、どういっているのでしょうか。